弊社ドローンを国土交通省に登録しました。

弊社ドローンを国土交通省に登録しました。

2022年6月20日から、重量100g以上のドローンを飛ばす場合は、国土交通省への登録と、リモートID機器の搭載、登録記号の明記が義務化されます。

この義務に違反した場合は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金という罰則規定が設けられました。

リモートIDって?

リモートIDは、車でいうナンバープレートに当たります。ドローン1機に付き固有のIDが付与され、機体が誰のものかを特定可能にするものです。

リモートID機器は内蔵と外付けがあり、1秒に1回、機体の周辺に無線信号を発信します。その信号をスマホや専用の受信機で受信し、その機体のIDを確認することが出来るというのがリモートIDです。

今後はリモートIDが必須

弊社所有の DJI Mavic2Pro と Mavic Air はリモートID搭載機では有りませんが、2022年6月19日までに事前登録を行った場合は、リモートID機器の搭載が3年間免除となります。

2022年6月20日以降にドローンを登録する場合は、内蔵もしくは外付けでのリモートID機器取付が義務となります。

今後発売されるDJI製のドローンは内蔵リモートIDが搭載されるようですが、過去に発売されているドローンはリモートIDなんて付いていないので、事前登録した方がいいですね。

機体に登録記号の明記を

先月の5月26日に申請して、6月13日に手続き完了の知らせが来ました。

支払いを済ませたら、登録サイト内に表示される「登録記号」をドローンの機体に明記する必要があります。手書きでもシールでもいいのでドローン本体につければ完了です。

ドローンの登録方法

登録は有料で、弊社の場合は一台登録で1,500円くらいだったと思います。高く有りません。
現在、もう1台登録申請中なので、同じくらいかかるかと2台で3,000円くらいですね。

オンラインで登録出来ますが、スマホが一番簡単だと思います。弊社はスマホで行いました。
手続きでは、登録者の顔写真をリアルタイムで撮影する場面があるので、身なりは少し整えたほうがいいですね。
あと、免許証も撮影します。
それと、ドローンのシリアルナンバーを入力しないといけないので、予めお持ちの機体のどこにシリアルナンバーがあるかを確認しておくとスムーズにいきます。

スマホでアクセスしてアカウント開設から始めます。
以下のサイトがオンライン登録出来るサイトです。
国土交通省・ドローン登録システム DIPS
スマホの方は、このQRコードから。

勿論、スマホ以外にも登録方法はありますので、調べてみてください。
無人航空機登録に関する情報はこのサイトで得られます。
無人航空機登録ポータルサイト

リモートIDの無い、重量100g以上のドローンを今後も飛ばしたいという方は、事前登録をしましょう。あと5日です。

ドローンで空撮動画・写真撮影を依頼出来ます

↓